« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月30日 (土)

タイム

1205

ハーブ系の花が咲き始めた。
タイム、レモンバーム・・・
ミント類もローズマリーもまもなく咲きそう。
でもほとんどのハーブの花は小さくて見た目はぱっとしない。
やっぱりねぇ・・・ハーブって、しょせん雑草!

写真はタイムの花。
我が家のタイムはクリーピングタイム。
地を這う種類なので、畑に植えると他の草に負けてしまう。
それでプランターに植えている。

タイムは、タイムに限らずシソ科の植物はとっても生命力が強くどんどん増えていく。
たまにハーブティーや料理に使うけど、食べるよりも増えるほうが多いのでもてあます。
そのうちいい加減にせい!とばかりばっさり切ると、切ったところから枝分かれしてたちまち2倍に増えてしまう。

というわけで我が家に来てうっかりハーブの話をした人は、たちまち猫なで声で言われる。
「ねぇ、タイムいらない?」
「ねぇ、ミントいらない?」
「ねぇ、レモンバームいらない?」
「ねぇ、ローズマリーいらない?」
そうしてほしくもないのに押し付けられて帰ることになる。
くれぐれもご用心を!

2012年6月29日 (金)

花はどこへ行った?

6月、花の乏しい時期。
農園を回っても、撮りたいと思う花はほとんどない。
果樹も花が終わり実を膨らませる時期。
きっと厳しい真夏に向けて、ちょっと一休み、
体力を蓄えようと居眠りをしているのだろう。
そういえばねむの木の花がちらほら咲き始めた。

2012年6月26日 (火)

椿の実

1206

椿というと赤い花、万葉集にも歌われている。
実を思い浮かべる人はあまりいないだろう。
昔はこの実から油をとり、鬢付け油として使われた。
でも今では一部の地方を除いてだれも採る人はいない。
我が家や近辺にある無数の椿。
毎年むなしく咲き、むなしく実り、むなしく散っていく。

2012年6月25日 (月)

ナンテン

1206_4

赤い実だけが有名なナンテン。
でもちゃんと花も咲く。
とっても地味な花だけど・・・
地味なのが難点。
この花に何点つける?
なんて駄洒落でも言わないと、文章が続かない。

このナンテン今農園の周りにやたらと咲いている。

2012年6月24日 (日)

ヒメジヨン(?)

1206

菊科の花はどうもにがてだ。
種類が多く似た花ばかりで、図鑑を見るのが面倒臭いから。
それに菊の花はあまり好きじゃない。
ついつい墓や葬式や仏壇のイメージ、あるいは雑草のイメージが付きまとう。

この花・・・ヒメジヨン(?)
大写しするとかわいい花だけど、
普通に撮るとやっぱりたんなる雑草!

1206_2

2012年6月22日 (金)

ドクダミ

1206

花の乏しい季節の中で、
相変わらずドクダミは地味にいっぱい咲き続けている。
「毒」という言葉と、臭い匂い、じめじめしたところに咲くのでどうもあまり好きにはなれない。
「十薬」といわれるくらい薬効がある・・・のはわかっているけど、
干したらお茶の代わりになる・・・のもわかっているけど、
草むらに生い茂るドクダミの前を通るときは・・・
見ない降り、見ない降り・・・
知らん顔して通り過ぎる。

2012年6月21日 (木)

ホタルブクロ

1206_2

ホタルブクロ。
蛍が出る頃、咲くのでこの花を見ると、
蛍が出たんだなぁ~と言うことがわかる。
そしてそれだけで満足する。
直ぐ近くの川に行けば見れるのだけど、
蛍がよくでる8時頃は大事な晩酌タイムだから。
それで毎年ホタルブクロを見るだけで満足する。

2012年6月20日 (水)

栗の花

1206

栗の花。
とっても地味な花。
栗は固い木、実のあのいがいが、その中の固い皮、そのまた中の渋皮・・・どれをとっても頑固、無骨、偏屈・・・というイメージがする。
この花もそうで、ほっといてくれ!とばかり投げやりに咲く。
匂いも(嗅いだことないけど)臭いらしい。

2012年6月18日 (月)

ザクロ

1206

里山の6月は花が貧しい。
その中でひときわ鮮やかに咲いているザクロ。
秋にもまた鮮やかな実で復活する。
すっぱくて到底食べる気にはならないけど・・・

どうやらザクロは見かけだけの花。
地味~な木が精一杯背伸びして花と実でアピールしている感じ。
もし花も実も地味だったら、だれもがザクロに気づかないだろう。
あるいは6月でなく、梅や桜が咲く頃なら、
その花さえもほとんど気づかれることもないだろう。

でも6月。
花の乏しい頃。
ザクロは精一杯自分をアピールしている。

1206_2

2012年6月15日 (金)

モミジ

1205

モミジの木の下にモミジの木が・・・
それを移して庭に植えた。
でも・・・鹿にやられて半分になった。
でも・・・元気に小さな枝を広げている。

果樹園のそばで
自然に生えた実生苗。
大きくなるのはいつのこと?
真っ赤なモミジを、
見上げることが出来るのは・・・

2012年6月11日 (月)

柿の花

12051205

柿の葉やドクダミなどお茶の代用物はいろいろある。
そして作る時期は花が咲く頃がいいらしい。
というわけで柿の葉茶を作るのは5月。
花は緑で近づかないとわからないけどちょっと変わったかわいい花だ。
今6月。
花は終わり今小さい実をつけている。

2012年6月 8日 (金)

テイカカズラ

1206

竹細工を始めて、今まで興味がなかったかずらに興味が湧いてきた。
籠を作ると、縁を締めるのに紐や針金がいる。
でも紐や針金ではちょっとセンスがない。
出来ればかずらで決めたい。

というわけでかずらに興味が湧いてきた。
そしてあらためて我が家にかってに生えてきたていかかずらを見ると、これがなかなかいい!
花は素朴だけどかわいい。
たくさん咲いてるのを見るとウツギのように豪華に見える。
もちろん今までも咲いてただろうけど、ぜんぜん気づかなかった。

このテイカカズラ、これは普通にどこにでもある。
カズラを見ると他の人に頼って生きてる・・・
ように見えて、これがなかなかしたたか。
人に頼って、気がついたら母屋をのっとられた・・・
なんてことになるかも。

1206_2

2012年6月 6日 (水)

コアジサイ?

Photo

アジサイのようなアジサイでないような・・・
これってコアジサイ?
家のそばでかってに咲いている。
大してきれいじゃないけどね。

Photo_2

本当のアジサイは我が家ではあまり相性が良くない。
根付かないか、根付いても間違って草刈機に刈り取られたりして、何度か植えたけどみなダメだった。
アジサイは好きなんだけどなぁ・・・

2012年6月 5日 (火)

スイカズラ

1206

猫柳の下を通るととっても甘いいいにおいがする。
あれっ、猫柳ってこんな花だったかな?
もちろんそれは猫柳ではない。
猫柳に絡まったスイカズラ。

1206_2

白と黄色のスイカズラ。
最初は白で、次第に黄色になる。
去年も咲いてたかな?
きっと気づかなかっただけなのだろう。

2012年6月 2日 (土)

サクランボ

1205

果樹園にあるサクランボ
毎年小さな小さな実をつける。
小さくて、数も少なくて、甘酸っぱいので、あまりたべない。
市販のサクランボってどうしてあんなに大きくて甘いのだろう?

でも自然の果実ってたいてい甘酸っぱい。
桑、キイチゴ、ユスラウメ・・・
甘酸っぱいのが本当のサクランボなのかもしれない。
そう思い、仕事の合間にぽつぽつかじっている。

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ