« 2011年8月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月17日 (月)

コスモス

秋の花と言うとコスモス。
この外来種も今ではすっかり里の風景になじんでいる。
でも昔は好きだったけど今ではすっかり食傷気味だ。
あちこちでコスモスを植えてコスモス祭りなどをするから・・・
役人は横並びが大好き。
それでどこかではやると直ぐにそれを真似したがる。
そして客の奪い合いで共倒れというお決まりのパターン。
どうしてどこかではやったらここではほかの事をやろう、と思わないのか。
せめて他の次期に咲く花を植えようと思わないのか。
なんてコスモスを見るたびに思う。

ところでここではコスモスは咲いてない。
以前は野生化して普通に咲いていたけど、鹿が食べてしまったから。
コスモスだけではない。
ミョウガやワラビ、フキノトウも見なくなった。
自然の保護とは動物を鹿や猪を殺すこと・・・
なんて、ちょっぴり悲しい。

2011年10月 9日 (日)

チカラシバ

朝の露をいっぱい受けて、逆光に輝くチカラシバ。
チカラシバの野原は銀色に輝いている。
でもこのチカラシバはとってもうっとうしいやつで、
鹿も山羊も食べない。
抜こうにも力が強くてまったく抜けない。
そのためやたらとはびこっている。
このチカラシバが枯れると冬がやってくる。

2011年10月 1日 (土)

キンモクセイ

10月、怠け者のコウロギが、こりゃいかん!とあわてだす季節。
でもこのぐうたらな百姓は相変わらずのほほんと暮らしている。

キンモクセイが甘くけだる香っている。

« 2011年8月 | トップページ | 2011年11月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ