« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月31日 (火)

100均の種

その後意外なことに100均の種は順調に発芽している。
花菱草もつりがね草も・・・間引きが面倒なくらいに。

これから植える場所を準備しないとね。
なんせ2袋105円という貴重な(?)種。
大事に育てよう・・・

ところで去年蒔いた同じく100均の種、
ラベンダーとセージ。
これは惨憺たる状態で、
ラベンダーは発芽したのは2本だけ。
畑に移植して2本何とか育っている。
セージは8本だけポットで育ったけど畑に植えたら消えてしまった。
土が合わなかったのだろうか。

2011年5月30日 (月)

アマドコロ

我が家の山野草というと、カタクリ、ホトトギス、アマネ、アマドコロ。
このうちカタクリは他所からもらってきたものを植えたのでもとから咲いているものは3っ。
このうちホトトギスはくせのある花であまり好きじゃない。
そこで2つ、アマネ、アマドコロ。
山羊に襲われながらもなんとか生き残っている。
どちらもとってもかわいい花が咲く。
でも草に覆われて、あれっ、そういえば・・・と思ったらたいてい花は終っている。
今年もまたアマドコロの花を見逃して、もう種がついていた。

昔はアマドコロの根を食用にしてたらしい。
まえ一度かじったことがあるけど確かにちょっぴり甘かった。
でも別段あえて食べるほどのものでもない。
砂糖が貴重なころの甘み食材だったのだろう。
それよりもスズランのような花がとってもかわいい。

アマドコロ群落~とかってに呼んでいる、本当は5、6本生えてるだけなのだけど~をもっと増やしていきたいな。

2011年5月28日 (土)

アザミ

梅雨にぬれたアザミ
赤紫にとってもあざやかに咲いている。
雑草の仲間にしておくは惜しい、とも思うのだけど、
あのちくちくする棘を触ると、うんこれはやっぱり雑草の仲間にしとこう!

アザミは食用にもなる。
ここに来たころは食べたけど今では野菜がたくさんとれるので食べることはなくなった。
今では山羊だけが食べる。
山羊はこんな粗い草が大好きなのだ。

アザミにはたくさんの種類が・・・なんと100種類くらいもあるらしい。
唯一ないのは「アザミ」と言う名の草だけ。
ここらへんで咲いているのは、ごく普通のアザミ「ノアザミ」だと思う。
たくさん咲いているので、きれいな花だと思いながらも遠慮なく刈り取って山羊にやっている。

Azami

2011年5月27日 (金)

夏水仙

どうやら梅雨はまじめらしい。
ちょっとだけよ!といって雨を降らすのでなく、まともに雨を降らしている。
そんなにむきにならなくても・・・
まだまだ時間はいっぱいあるのだから・・・
とついつい思ってしまうのだけどね。

というわけで今日もあまり野良仕事できなかったけど、雨の合間に夏水仙の移植をした。
夏水仙は水仙というよりは彼岸花の仲間。
夏、彼岸花よりも早い時期に彼岸花のように葉がなくて花だけを咲かせる。
真夏、花の少ない時期に涼しげに咲くので、花を見るとほっとする。

(写真は何年か前の真夏に撮ったもの)

Natuzuisen

2011年5月26日 (木)

水仙

相変わらず水仙の移植に励んでいる。
こんなはずじゃなかったのに・・・と思いながら。
水仙は日本の風土によく合っているので、ほったらかしでも良い。
・・・と思ってたけど、時々は掘り上げて分球しないと花が咲かなくなる。
それで2年に一回くらいは掘り上げることにしている。
それでそのたびに数が増えて、
それでそのために植える場所を新しく作らないといけない。
それがなんとも面倒だ。

雨に中断されながらもう数日この作業をやっている。

2011年5月25日 (水)

山椒

山椒の木に山椒の実がなる。
当たり前のことだけど、これが当たり前ではない。
我が家の周りには雑草のようにいたるところ山椒が生えている。
でもどれも実をつけない。
でもあちこち山椒が生えてるところを見ると、どこかに実がなる山椒があるはずだ。
・・・と思ってふと果樹園のそばの山椒を見たら実がいっぱいなっていた。
あれ、たしか前は実はなってなかったはずだけど・・・
ともあれこれで葉だけでなく実もいただけることになった。

今年は去年と違って、果樹や山菜がとっても豊かな年になりそうだ。

2011年5月22日 (日)

水仙掘り

草まみれの中から水仙を掘り起こしている。
葉が枯れてから収穫するのが普通なのだけど、そうするとどこに植えたかまったくわからなくなる。
それで去年は失敗した。
今はまだ何とかわかるので、草を刈りながら掘り起こしている。

しかしずいぶんたくさんの球根いったいどこに植えたら・・・
植える場所はあるけど、耕して山羊堆肥を入れるのが面倒。
そして球根はたまるばかり。
保存して秋に植えるか・・・
迷っている。

2011年5月21日 (土)

おどりこ草

踊り子草は山羊も食べない!
でもどうやら毒があるわけでもなさそうだ。
しそ科の植物は匂いに癖があるので、きっと匂いが嫌いなのだろう。
あの何でも食べるゲテモノ好きの鹿もしそ科のタイムは食べないし、ミントも嫌いだから。
というわけでおどりこ草は我が家ではすっかりもてあましている雑草。
でも花はよく見るととってもかわいい。
若い女の子が編み笠をかぶって佐渡おけさを踊っているような・・・
それだけに抜くにも抜けず、すっかりもてあましている。

Odorikosou

2011年5月20日 (金)

つりがね草

つりがね草と花菱草の種を蒔いた。
どちらも100均種、2袋で105円。
なんか安~い、とだまされて、本当は少しも安くは無いのだけど、買った。
発芽率が悪い!種の量が少ない!
それで結局高い買い物になるのだけど、わかってても2袋100円の魅力には抗し難い。
それにベランダ菜園などをやってる人はあまりたくさん苗が出きても困る。
それで2袋100円・発芽率悪し!のほうがかえっていいかもしれない。
もちろん我が家ではたくさん発芽したほうがいいけど、
畝を広げるのも面倒だし、まあそこそこの発芽でいい。
というわけでつりがね草と花菱草の種をポットに蒔いた。
といっても別につりがね草と花菱草にそんなにこだわりがあるわけではない。
たまたま100均で売ってたから買ったのだった。
つりがね草は1本の茎にたくさんの花が咲くのでチューリップなどに比べるととっても得した気分。
花菱草は数で勝負。たくさんの花を花壇に咲かせるととっても目立つ。

昔ベランダ園芸をやってたころはよく花の種買ったけど、ここで野菜をやりだしたら、花にはすっかりご無沙汰。
最近は花の名前もよくわからない。
でも農園も代替わりして一部の畑で野菜を作ってはいるものの、少し余裕ができたのでまた花作りを始めようと思う。
というわけでとりあえず100均の種を買った。
これでちゃんと咲いてくれたら儲けものだ。

2011年5月19日 (木)

グラジオラス

グラジオラスを植えた。
球根は100均で買ったもの。
3個105円。
安い!と思って買ったのだけど、ホームセンターに行ったら5個で160円くらいで売っていた。それもずっといい球根を!
というわけで100均少しも安くない。
100均の種もそうだけど少しも安くないのわかっているのだけど、野菜と違って花の種だとついつい、安い!と思って買ってしまう。
さて、このあまりよくないちょっぴり高い球根、上手く育つかな?

2011年5月18日 (水)

芍薬

ず~っと牡丹だとばかり思っていたら芍薬(しゃくやく)だった。
他所のうちの牡丹を見て「あれっ?」と気づいた。
どうしてこんな簡単なことが今までわからなかったのだろう・・・
牡丹は木、芍薬は草。
それで毎年芍薬は枯れる。
そういえば季節はずれの牡丹園には牡丹の木だけ残っていたな・・・

移植した芍薬はまだ花が咲かない。
それになかなか大きくならない。
今年は無理だろうか?

(写真はず~っと前に撮ったもの)

Botan

2011年5月17日 (火)

スズラン

スズランをもらったので植えた。
スズランは小さなかわいい花を咲かせるしよい香りもする。
この花を嫌いな人はあまりいないだろう。
でも有毒なのだ。
それで多分鹿は食べないのではないかと思う。
でも念のため電気柵の中に植えた。
そして増やしてから外に移植してみようと思う。
でも同じく有毒なはずの水仙まで食べてしまう鹿のこと
油断ならないので、少し移植して様子を見るつもりだ。
もしうまくいったら農園をスズランでいっぱいにしよう!

2011年5月11日 (水)

ヤマツツジ

ツツジやサツキの季節。
年末に移植したヤマツツジが見ごろ・・・のはずが、
葉も落ちて息も絶え絶えかろうじて生き残っている。
雨がずっと降らなかったからだろう。
今年は花は無理そうだけど、でもまあ生きてはいるし、久しぶりに雨も降ってきたし・・・
来年を期待しよう。

2011年5月10日 (火)

水仙の移植

草の勢いがすごい。
ちょっと目を離してたら、水仙がすっかり草の中に隠れてしまった。
それであわてて移植をやっている。
掘り起こしてみると石がごろごろ・・・
よくこんなところに植えてたな。
これじゃ増えないし花も咲かないわけだ。
大きな石はどけて(小さな石はきりが無いのでそのままにして)山羊堆肥を入れる。
そして掘り出した水仙を植えていく。
かなりの重労働なので毎日すこしずつやっている。

2011年5月 8日 (日)

カタクリ

カタクリは葉はでたけどとうとう花は咲かなかった。
毎年花が咲いたり咲かなかったり、葉も出たり出なかったり・・・まったく気まぐれなやつだ。
今年は畑に出てきたので畑ののり面に移植した。
来年は咲くだろうか?
どうも我が家には合ってないらしく年々少なくなっている。

2011年5月 5日 (木)

Huji

里山は藤とアケビと山桜。
藤は里山には普通に咲いている。
淡いいかにもマメ科風のほんわかとした紫の花を咲かせている。

藤の花は食べられるらしい。
花も若葉もてんぷらにして食られる・・・らしい。
でも食べてる人見たこと無い。
まあてんぷらにするとたいていのものは食べられるけどね。
別にわざわざ食べることも無い。

藤もアケビと同じく他の木に巻きついて育つ。
ただ幹はアケビよりもずっと太くなるので巻きつかれたほうはかなわないだろう。
そこでお仕置きとしてアケビは籠に藤は椅子やテーブルになる。
やっぱり人間が一番悪い。

2011年5月 4日 (水)

Akebi0704

今、里は藤とアケビの花が咲いている。
どちらもツル性で他の木にとってははなはだ迷惑だけど、
どちらもまあきままに生きててとっても共感を覚える。

アケビはずいぶん増えた。
もちろん植えたものではなく、もとからあって勝手に増えたもの。
そして椿や柿の木がまるでアケビの木のよう。
秋にはとっても甘い実がなる。
今年はいっぱいとれそうだ。

2011年5月 1日 (日)

キンポウゲ

Kinpouge1

田舎暮らしを始めたころはな~んにも食べるものが無くてよく雑草を食べた。
カラスノエンドウ、タンポポ、セリ、アザミ、ヨモギ、スカンポ・・・
天ぷらにするとたいていの草が食べられる。
というより食べられないものはほとんど無い。
今の時期はここら辺だと水仙とキンポウゲに気をつけるだけでよい。
キンポウゲは光沢のある黄色いきれいだけどちょっと怪しげな花が咲く。
山羊が食べてはいけないと思い見つけたらすぐに抜くようにしているけど、
それでだいぶ少なくはなってきたけどこの農園から絶滅することはなさそうだ。
しばらくはキンポウゲとの格闘が続く。

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ