« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月29日 (月)

蝋梅

Roubai 去年は咲かなかった蝋梅が咲きだした。
何を勘違いしたのか、この蝋梅、実はつい最近までレンギョウとばかり思っていた。
咲く時期も違うのにね

2007年1月11日 (木)

ウメノキゴケ

Kokeumenoki さざれ石の巌となりて苔のむすまで。

苔に神々しさを感じるのは日本人だけだろうか?
からっとして活動的な芝生でなく、ひんやり湿った苔。苔はガラス戸でなく障子の家に似合っている。

写真はウメノキゴケ。これがついた枝を正月の生け花に使うらしい。
こんなのなら我が家にいっぱいあるのにな・・・。

ところでウメノキゴケは正確にはコケ類(蘚苔類)ではなくて地衣類らしい。
地衣類とは菌類と藻類が共生したものだという。 ???・・・なんか怪しげなやつらしい。

ウメノキゴケは環境に敏感で公害のバロメーターになるという。果樹にとっては厄介者だけど、ありがたがることにしよう。そう、まだここは空気がきれいなんだね。

ところでこの「里山の花便り」寒くなると、つい写真を撮るのが面倒になり、それに今の時期花が少ないこともあり、ついつい、書くのが億劫になり、ついついついに間が空いてしまった。これからはぼちぼち投稿することにしよう。
今年はキノコや苔~まったく詳しくないけど~ものせていこうと思う。
まっ、アクセスカウントがめちゃくちゃ少ない人気のない、しょうもないブログなのでぼちぼち(いじけながら)やりますよ~。

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ