« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月30日 (土)

ボタンヅル

Botanduru 

地味な秋の花の中でも時々、あれっ?、と思って、ふと見とれる花がある。
ボタンヅルは遠くからではあまり目立たないけど、近づいBotanduru1てみるととてもきれいな花。
ついほかの雑草と一緒にとったあとで、ヤギにやるのが惜しくなって玄関に飾ってしまう。

2006年9月29日 (金)

カゼクサ

Kazekusa2  秋の野原には荒涼とした草花がよく似合う。
とりわけ寒い風が吹く日がいい。
ススキやカゼクサは風が大好き。
きっと風になびいているのでなく
風と遊んでいるのだろう

2006年9月28日 (木)

ホトトギス

Hototogisu 毎年今頃畑のそばでひっそりと咲く。
ホトトギスという名前だけで妙に存在感がある花。
花がホトトギスの羽の模様に似ているからというのでついたらしい。

そういえば初夏あんなに鳴いていたホトトギスももういなくなった。

2006年9月27日 (水)

イタドリ

Itadori_1 久しぶりに花の写真を撮った。
パソコンの不調でしばらく更新してなかったら、もうすっかり秋が深まっていた。柿も色づきそろそろ食べれそう。サツマイモももう収穫の時期。

秋の花も今が盛り・・・と言いたいけど、どうも春と違って地味な花が多い。
このイタドリもいかにも地味系の花。春には「あっ、スカンポ!」といってちょっぴりかじって「すっぱい!!」そしてポイと捨てられる。それ以来誰からも見向きもされない。そしてほっとくと木のように大きくなる。

でもこれはヤギの大好物。鎌でばさっと切り取ってヤギにやる。イタドリも我が家ではとても役に立っている。

2006年9月13日 (水)

ウド

Udo ウドの花。
いかにもマイナーな野菜にふさわしい地味な花。
まもなく枯れると、落ち葉かけが始まる。
そして春には厚く積み上げた落ち葉の中から芽が出てくる。
このころが収穫時期。
葉も食べられるけどおもに落ち葉の中で長く伸びた茎を食べる。
酒を飲みながら、酢味噌でちびりちびりと食べる。

2006年9月10日 (日)

アキノキリンソウ

Akinokirinsou アキノキリンソウ。
ちいさいかわいい花。
イネ科の地味な雑草の多い秋の野原にちょっぴり彩りを添えている。
黄色い花は野原の中では赤よりもよく目立つ。

2006年9月 9日 (土)

キンエノコログサ

Kinenokoro_1  秋の野山はイネ科の雑草に覆われてとてもわびしい。

夕暮れ、からすがか~か~とねぐらに帰っていき、
遠くから寺の鐘の音が、ご~ん・・・。
やがて満月が昇り、ススキを照らす。
虫の音と、遠くで狐のこんこんという鳴き声が・・・。

なんてもうどこにもない光景が浮かんでくる。
昨日は中秋の名月。
ススキはまだ咲いてないけど、エノコログサをはじめこの農園のまわりはすっかりイネ科の雑草で覆われている。

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ