« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月31日 (水)

ハコベ

Usihakobe 春の七草のひとつハコベ。
畑や野原に出ると、そこら辺に普通に咲いている。
地味な花なので、誰からも注目されることもない。
唯一注目されるのは七草粥のときだけ。
でもそのころはまだ花は咲いていない。

でもちょっとだけでも立ち止まって花をゆっくり眺めてみよう。
みずみずしい黄緑の葉の上に咲く純白の花。
小さな小さな花だけど、この花を見てるときっとほっと一息つくことだろう。

写真はハコベよりもちょっと大きいウシハコベ。

2006年5月28日 (日)

ガマズミ

Gamazumi Gamazumi1 ガマズミが咲いている。
離れて見るとまるでアジサイのよう。
果実は果実酒(!)になり漬物の着色料にもなるという。

2006年5月26日 (金)

ドクダミ

毒という名前、くさい葉、日陰のじめじめしたところを好む。
まるで人から嫌われるのが生きがいのような草。

でも十薬といわれるほど薬効がある・・・らしい。
乾燥させてお茶にするとうまいしにおいもしない。

今年もドクダミの花がたくさん咲いている。
でもやっぱりこのまま利用されないで消えていくことDokudami だろう。

2006年5月25日 (木)

セキチク

Sekitiku 毎年今ごろほったらかしのセキチクの花が咲く。
でもこの赤いどぎつい花は里にはあまり似合わない。
もちろんこれは園芸品種。
万葉集に石竹と書いて「なでしこ」と読ませている歌がある。
これは秋の七草のナデシコのことなのだろうか?
それとも中国原産の石竹(カラナデシコ)のことなのだろうか?
ほかにもヨーロッパ原産で一般に園芸種として出回ってる花もセキチクとかナデシコとか呼ばれていてややこしい。
どれも同じナデシコ属ナデシコ科。
昔から日本にあり秋の七草のひとつ、淡いピンクのナデシコこそ里の花にふさわしい。

2006年5月24日 (水)

テンナンショウ

Tennansyou テンナンショウは日陰でひっそりと咲きひっそりと消えていく。
ふと気づいたらもうだいぶしおれていた。
誰にも気づかれずに咲き、誰にも気づかれずに消えていくテンナンショウの生き方もまた野草にふさわしい。

写真はコウライテンナンショウ(?)

2006年5月23日 (火)

シロツメクサ

Sirotumekusa

昔、小学生のころ夏休みの宿題で昆虫採集か植物採集することになった。
植物には興味なかったけど、虫を殺すのがいやで植物採集をすることにしたのだった。
そして近くの外人墓地にいって花を探した。
しかしいざ探すとなるとなかなかいい花が見つからない。
そしてやっと白い花を見つけて喜んで摘んで帰って押し花にした。
それから図鑑で花の名前を探した。
一生懸命探してやっと見つけた!
それはシロツメクサ。
すっかりうれしくなった。
これはきっと珍しい花に違いないと思った。
でも後で知った。
それはクローバー。
どこにでもあるクローバーだった。

それ以来すっかり興味を無くして二度と植物採集をしたことはない。

2006年5月16日 (火)

ボタン

Botan 今年もまた沢のほとりの草むらでボタンの花が咲きだした。
ここではボタンもほったらかし。でも毎年咲いてくれる。
そのうちほかの草の中に隠れたてしまい、草刈機で刈られてしまう。
ここではボタンもたくましくないと生きてはいけない。

2006年5月15日 (月)

ツツジ

Tutuji_1 山桜、フジ、~のあとの里の山はツツジ。
でも、近頃は山ツツジはめっきり少なくなった。
里山は荒れている。桜やフジとちがって、ツツジは背が低いので柴刈りをして日当たりをよくしないと、枯れていく。
裏山のツツジも果樹園と林の間のわずかな空間に生きている。
もうツツジが消えていった山も多い。

2006年5月14日 (日)

クレソン

Kureson 昔クレソンの種を買ってきて団地のベランダで育てようとしたことがある。
もちろん失敗して単なるアホだったことがわかった。
ここに引っ越してきて、またもクレソンの種を買ってきて沢にまいた。
そのうち少しずつ芽が出てきて、クレソンが茂ってきた。
そろそろ食べようかなと思っていたら台風でみな流されてしまった。
それでクレソンはあきらめていたら、近くの川にたくさん繁殖していることに気づいた。
なんとここら辺ではクレソンは単なる雑草。わざわざ種をまくなんてアホなことだった。
そこで川から20~30本持ってきて、沢にばら撒いた。
今このクレソンが繁殖して沢を覆っている。
こんなに増えるとあまり食べる気にはなれない。
山菜なんかは限られた時期にちょっとだけ食べるからうまいのだ。
今クレソンはやぎと鶏のえさになっている。

2006年5月13日 (土)

アザミ

Azami アザミの花が咲き出した。山羊に食べられ、草刈機に刈り取られても毎年花を咲かせてくれる。

山羊はノバラやアザミのような荒い葉が大好き。痛がりもしないでむしゃむしゃ食べる。というわけで、アザミは不本意ながら単なるえさとして生涯を終える。あの痛いぎざぎざした葉さえなかったら十分に園芸品種としてもいけただろうに・・・。

2006年5月12日 (金)

カラスノエンドウ

Karasunoendou 猛威を振るったカラスノエンドウもそろそろ終わり。
やぎのえさにとても重宝したけど、種をつけてまもなくかれる。
こんどは同じマメ科のクローバーがはびこる。

マメ科は連作できない、なんてうそだよ。
カラスノエンドウもクローバーも毎年毎年同じところに生えてくるから。

マメ科の草は肥料になるのでとても助かる。それにここに引っ越してきたころはよくカラスノエンドウをてんぷらにして食べた。クローバーは食べたことないけど、きっと食べれるだろう。誰か食べてみませんか?

2006年5月10日 (水)

フジ

山桜が終わると里山のあちこちにフジが現れる。
里山にはやっぱり桜やフジの淡い色がよく似合う。
とりわけフジは目に迫る新緑をやわらげてくれる癒し系の花だ。
里山のフジは離れてみるのがいい。Huji

2006年5月 9日 (火)

オドリコソウ

Odorikosou Odorikosou1 踊り子草。踊り子・・・ダンサー・・・バレー・・・?
どこが踊り子やねん!
と、つい思ってしまう。
花が笠をかぶっているように見えるので、踊り子だという。
どうやらこの踊り子は日本民謡や盆踊りを踊っているらしい。

今の時期このオドリコソウで草むらはいっぱいになってうんざりさせられる。
かわいい花だけど、花よりも葉が勝っているのでやっぱり雑草にしか見えない。
でもオドリコソウの寿命は短い。
まもなく消えていき夏草が茂ってくる。

2006年5月 8日 (月)

キンポウゲ

Kinpouge 里の野山では黄色い花がよく目立つ。
道野辺にさりげなく咲くタンポポもとてもよく目立つし、
キンポウゲもまたとても存在感がある。
キンポウゲの花は光沢がありちょっと怪しげだ。
事実キンポウゲは有毒植物らしい。
うっかり山羊にやらないように、用心しよう。

2006年5月 6日 (土)

シャガ

Syaga とっても地味なものが多い山野草の花の中でシャガはまるで園芸品種のように優雅だ。
学名が(Iris japanika:日本のアイリス)というところからも日本を代表する山野草のひとつといってもいいだろう。
しかしその割にはいつもひっそりと控えめに咲く。
スイセン郷やカタクリ群落、アジサイ園やユリ園を見に行く人は多いけどシャガ群落を見に行く人はあまりいない。
そしてそこがシャガの魅力でもある。

2006年5月 4日 (木)

ホトケノザ

Hotokenoza 雑草は強くたくましいというイメージとは逆に、ほとんどの雑草の寿命は短く、ほんのわずかな期間に花を咲かせてあわただしく消えていく。
そのなかではこのホトケノザは花の期間は長く、早春から夏の初めまでみることができる。
仏の座、というありがた~い名前をもらっている割にはどこにでもいる、ごくありふれた草。草の形が蓮台に似てるからついたのだろう。

春の七草のホトケノザはこれではなくてコオニタビラコのこと。花も黄色でこのホトケノザとは似ても似つかない花。どうしてコオニタビラコをホトケノザというのか不思議だ。

2006年5月 3日 (水)

レンゲ

里の田んぼにはレンゲがよく似合う。
レンゲでいっぱいの田んぼを見るとうんうんよくやってるなと思うし、
レンゲが咲いてない田んぼを見ると大丈夫かな?、と心配になる。Renge

レンゲというと5月の連休のころの明日香を思い出す。
明日香はレンゲと人でいっぱいになる。
レンタサイクルをとばすと、風をいっぱいに受けて、
人とレンゲがどんどん後ろに遠ざかり、古墳が目の前にやってくる。
明日香にはレンゲがよく似合う。

連休が終わると里の田んぼに水が入る。
そして待ってましたとばかりカエルの大合唱が始まる。
もうすぐ夏がやってくる。

2006年5月 1日 (月)

ナズナ

春の畑はまるでお花畑。
ナズナ、ホトケノザ、オオイヌノフグリ、カラスノエンドウ、キンポウゲ、タンポポ、スミレ、レンゲ・・・
一面花に覆われる。

春の七草は大根とカブ以外は実にしょうもない雑草だ。
こんなものをありがたがるなんて、昔の食生活はよほどまずしかったのだろう。
その中でもこのナズナ(ぺんぺん草)は雑草の代表的なもの。
どんな広場の隅っこにも生えている。
でもこのぺんぺん草、単なる役立たずではなく、お茶にするとうまいらしい。
飲んだことはないけど・・・。
カラスノエンドウやタンポポだっててんぷらにして食べれる。
自然の中には人間にとってまったく無駄なものってほとんどない。
毒草だって使い方によっては薬にもなるのだから。 Nazuna

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ